リスティング広告とSEO対策、どちらを選択するべき?サイトの状況から判断する方法

リスティング広告とSEO対策、どちらを選択するべき?サイトの状況から判断する方法

ホームページを使った集客がしたい場合に、リスティング広告を使うかSEO対策を使うかで迷う場合があります。

このページでは、リスティング広告とSEO対策の特徴を考えながら、ケースバイケースで考えてみようと思います。

 

リスティング広告の特徴

リスティング広告とは、検索エンジンを利用した利用者に、検索ワードに関連する広告を出す広告出稿の方法をいいます。

日本ではGoogleとYahoo!の利用人口を合わせると90%以上になりますので、この2つに広告出稿をします。

アカウントを開設して設定をして入金さえすれば、その日のうちにでも広告出稿をする事ができるので、即効性というメリットがあります。

しかし、1クリックされるごとに費用が消費されるので、適正な設定ができない場合には出費がかかるというデメリットがあります。

 

SEO対策の特徴

SEO対策とは、検索エンジンの結果表示一覧のより上位に表示されるように対策をする事で、サイトへの流入を増やして集客をしようとするものです。

検索結果として表示されてのクリックなので、クリックをされてもお金がかからない点がメリットとして挙げられます。

SEO対策をする場合には、サイトの構造などを触ったり、記事等のコンテンツを追加して、検索エンジンに評価されるのを待つので、リスティング広告に比べて時間がデメリットとしてあげられます。

 

リスティング広告とSEO対策どちらがいいのか?

ここからはリスティング広告とSEO対策は果たしてどちらが良いのか、というお話です。
どちらか一方の採用を検討している方は是非読んでください。

ケース1:立ち上げたばかりのサイト

立ち上げたばかりのサイトですぐに集客したいという場合にはどちらがよいでしょうか。

立ち上げてまもないサイトですと、検索エンジンからの評価も低く、SEO対策をしても6ヶ月~1年くらいは効果が表れないのが通常です。

なるべく早く顧客を獲得したい場合には、リスティング広告を利用する事が望ましいといえます。

 

ケース2:購入までの検討期間が短い

サイトで販売をしようとしている商品やサービスの性質として検討する期間が短いものの場合はどうでしょうか?

たとえば、水道トラブル対応の工事業者などが考えられます。

工事が必要だ!と思ったときには、家の中が水浸しになりつつあるので、ゆっくりサイトを眺めている時間はありません。

このような場合、検索エンジンの上からすぐに見て、電話をするような事が考えられるので、

リスティング広告を利用する事が望ましいといえます。

 

ケース3購入までの検討期間が長い

対照的に検討期間が長いものの場合はどうでしょうか。

たとえば、投資用不動産の販売業者などが考えられます。

投資用不動産の購入を検討する場合には、どのような投資方法が良いか、不動産投資にするとして、どの物件・業者が良いかなどを何度も何度も検討します。

その都度リスティング広告のみで誘導をはかる事を考えると、費用が大幅にかさむ可能性があります。

ですのでSEO対策を重視するほうが良い場合があります。

 

まとめ

このページではリスティング広告とSEO対策のどちらがよいのか?という事について、両者の特徴をおさらいした上で、いくつかのケースでどちらの手法がよいのかについて検討しました。

できれば両方同時に運用できれば良いのですが、予算の関係でどちらかで迷った場合には参考にしてください。

広告カテゴリの最新記事