リスティング広告の効果改善のための4つの見直しステップ

リスティング広告の効果改善のための4つの見直しステップ

リスティング広告をなんとなく打ってみたけど思った通りに効果がでない、どのように改善すればよいのか?という声をよく聞きます。

このページでは、リスティング広告の効果改善のためのポイントについてお伝えしたいと思います。

 

リスティング広告の効果改善のステップ1:データの収集・分析をする

リスティング広告の効果の改善をするために、まず絶対行わなければならない事としては、各種データをしっかり収集・分析する事です。

単純にいくらかけて、何件問い合わせがきた…という事だけを追っていると、改善に結びつきません。

少なくとも、インプレッション数、クリック率、コンバージョン率、CPAといった数字把握できるようにしなければ、広告を利用した集客のどこに問題があるのかの見極めができなくなります。

※この数字が分からない方はコチラを参照

マーケティング担当者必見!リスティング広告のレポートでみるべき4つの数字

Googleアナリティクスで良いので、必ず設置をして、きちんと効果検証のためのデータの収集・分析をできるようにしましょう。

 

リスティング広告の効果改善のステップ2:アカウント設計の見直し

上記の数字のうち、インプレッション数が極端に少ない場合には、狙うべきキーワードや単価の設定などアカウント設計(キーワード・単価設定)に問題があると考えられます。

たとえば設定したキーワードが極端にインプレッションのないキーワードに設定してあったり、単価が著しく高い・低いような場合には、インプレッション数がきちんと出ない状態になってしまいます。

インプレッション数が極端に少ない場合には、アカウント構成を見直しましょう。

 

リスティング広告の効果改善のステップ3:広告文の改善

次に、クリック率が極端に低い場合には、広告文の改善を行います。

適切にインプレッション数が出ているときにクリック数がないという事は、広告文がクリックして中を見たくなる設計になっていない可能性が高いです。

複数の広告文を用意して、同時に運用して、クリック率の良いものを採用する、いわゆるA/Bテストといった事を試して、クリック率を上げるようにしましょう。

 

リスティング広告の効果改善のステップ4:LPO

インプレッションが適切に出て、クリック率も低くないけど問い合わせが来ないという場合には、LPOの必要性があります。

LPの徹底的な見直しにより、コンバージョン率を高めるように心がけましょう。

 

リスティング広告の効果改善のステップ5:CPA改善に向けた単価調整

インプレッション、クリック率、コンバージョンも出てくるようになってくると、より広告の効果を高めるためにCPAの改善をはかります。

キャンペーン・広告グループ・キーワード別にコンバージョンが生まれているものに対して、費用がかかりすぎているものがある場合には、思い切って広告配信をとめたり、クリック単価を下げるなどして、広告費用が出ていく事に歯止めをかけます。

 

まとめ

このページでは、リスティング広告の効果改善の一般論についてお伝えしました。

ベースに改善のための数字管理が必要である事は極めて重要で、その数字に応じて、どのような方策をすべきかを把握できます。

しっかりとした数字管理をした上で、改善ポイントをいち早く見つけ出し、効果改善に役立てるようにしましょう。

WEB集客勉強会のお知らせ

CTA-IMAGE WEB集客の知識ゼロ。 名刺代わりのホームページ。
出来ればお客さんがお問い合わせしてくれるようなWEBにしたいって思っているけど 何から始めたらいいのかわからない…。


#コンテンツマーケティング
#勉強会

広告カテゴリの最新記事